和の作法を伝える

お知らせ
news
  • 2017年11月5日2017年 教授コースは終了いたしました。詳細はこちら
  • 2017年11月1日教授 齊木由香が鹿児島県伊佐市「ふるさと大使」に就任いたしました。
  • 2017年9月8日雑誌 「一個人」10月号9月8日発売(KKベストセラーズ)にて取材を受けました。
  • 2017年7月15日雑誌 「Pre-mo」秋号(主婦の友社)にて着付協力を致しました。
  • 2017年6月25日NHK「首都圏のニュース」にて
    日本礼法 教授コース 第1講の模様が放送されました。

2017年 教授コースは終了いたしました
すべてのお知らせ

日本礼法』の理念

日本礼法は、京都の古い歴史からのおもてなしの心を取り入れた作法を、日本人の女性に伝承するために設立されました。
今では、伝承の対象を日本人だけでなく外国の方々にも広げ、所作・作法の指導を提供しています。

詳 細
  • 椿 武愛子(つばき むつこ)
    家 元

    椿 武愛子(つばき むつこ)

    日本礼法 二代目家元・理事長
    1964年 東京オリンピックにて「おもてなしスタッフ」として配属されて以来、和の作法について学ぶ。
    2008年には北京オリンピックのスタッフを指導。伝統に基づく所作・作法を国内外で指導し、
    次世代に継承する事で、社会貢献に取り組んでいます。
    プロフィール詳細
  • 齊木 由香(さいき ゆか)
    教 授

    齊木 由香(さいき ゆか)

    日本礼法 教授・着付師範
    旧酒蔵家出身。幼少期より年中行事には和服を着用し、祖父母からきびしくしつけられる。
    日本礼法教授として、伝統の精神を受け継ぎながら現代に合った所作・作法を伝えて参ります。
    プロフィール詳細